MENU

Investment policyJapan Actの投資方針

中長期的な投資

積極的な提言→経営陣との対話→本質的価値の向上積極的な提言→経営陣との対話→本質的価値の向上

Japan Actは、独自の徹底した企業リサーチから、割安と判断した投資対象に投資を行います。
市場価格と投資対象の本質的価値との乖離を収益機会とし、中長期的な視点で投資を行います。日々繰り返される株価の乱高下に一喜一憂することのない中長期的な投資判断を行い、投資対象の本質的価値の向上を目指します。

対象企業の株式を割安で取得し、その保有株式を裏付けに経営陣との積極的な対話から関係構築を図ります。発行体の本質的価値と市場評価に乖離が生じる原因を精査し、乖離を解消するべく積極的な提言を行います。また短期的な利益追求はせず、経営陣及び取締役会との連携を図り中長期的な視点で企業価値向上を目指していきます。

戦略的アプローチ

企業価値,財務体質の改善,経営戦略の提言企業価値,財務体質の改善,経営戦略の提言

日本国内に上場し且つ割安な評価を受け、市場から放置されている企業に対し、過小評価されている原因を精査します。経済合理性を欠いた非効率な財務体質等の改善を促し、発行体の本質的価値の向上を目的に、経営陣及び取締役会へ戦略的アプローチを重ねます。
徹底した調査・分析から、リターンの最大化に繋がる戦略的アプローチを行います。

Japan Actは、「企業価値及び株主価値向上」という明確な目的の基、合理的且つフレキシブルな提言を積極的に行い、企業を持続可能な成長へと導きます。また企業ごとの特色を十分理解したうえで経営陣や取締役会とのコミュニケーションを図り、適切なアプローチを行っていきます。

積極的な議決権行使

対話を重視した関係構築→責任ある議決権行使→リターンの最大化対話を重視した関係構築→責任ある議決権行使→リターンの最大化

対話を重視した関係構築に重きを置き、コーポレートガバナンス・コードの適切な理解と実施及び上場会社としての意識を再認識させるべく積極的な議決権行使を行います。リターンの最大化を実現するべく、責任ある投資活動を行います。

Japan Actは、対話を重視した関係構築に重きを置き、企業とのコミュニケーションを図ります。短期的なリターンは追求せず、中長期的な視点で企業の持続可能な成長を目的に柔軟な提言を行います。
対象企業の企業価値及び株主価値向上を実現させ、リターンの最大化に向けた積極的な議決権行使を行い、非効率的な財務体質及び経済合理性を欠いた経営を行っている企業に対しては、Japan Actとして明確に意思を表明し、課題への迅速な対応を要求いたします。

またJapan Actは、上場企業が取り組むべきコーポレートガバナンス・コードに注目し、政策保有株式に関する事項及び株主との対話などをはじめとした、上場企業としての責務について、注意深く監視しコーポレートガバナンス・コードの適切な理解と実施が成されるよう促して参ります。